Twitter

世界的評価を受けた『一年之初(一年の初め)』や『ヤンヤン』など、人と人のつながりや人生模様、アイデンティティを描くことに長けたチェン・ヨウジエ監督が5年ぶりにメガホンを取り、緻密で繊細なストーリーラインで愛の極限を描いた最新作。
ミステリアスで重厚なサスペンス調の展開を匂わせつつ、徐々に真実が解き明かされていくと、彼が描写を得意とする人を想う温かな情感溢れる結末まで一気に導いていく。

主演は『一年之初(一年の初め)』でもタッグを組んだモー・ズーイー。本作でも高い評価を受け、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)と、第22回台北映画奨で最優秀主演男優賞を受賞。
また、老婦の名演が光った“国民のおばあちゃん”の別名を持つ台湾の国宝級女優であるチェン・シューファンは、第57回台湾アカデミー賞で最優秀助演女優賞を獲得した。



老婦・シウユーの介護と、その孫のヨウユーの面倒をひとりで見る青年・ジエンイー。
血のつながりもなく、ただの間借り人のはずのジエンイーがそこまで尽くすのは、ふたりが今は亡き同性パートナーの家族だからだ。

彼が暮らした家で生活し、彼が愛した家族を愛することが、ジエンイーにとって彼を想い続け、自分の人生の中で彼が生き続ける唯一の方法であり、彼への何よりの弔いになると感じていたからだ。

しかしある日、シウユーが急死してしまう。
病気の療養中だったとはいえ、その死因を巡り、ジエンイーは周囲から不審の目で見られるようになる。
警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには裁判にかけられてしまう。
だが弁解は一切せずに、なすがままに罪を受け入れようとするジエンイー。
それはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…


ROY ANDERSSON
1977年、台南に生まれる。多数の映画・テレビドラマで監督、脚本、俳優、プロデューサーを務める。 大学時代に16ミリフィルムで短編映画『私顏(原題)』、『シーディンの夏(原題:石碇的夏天)』を撮影。『シーディンの夏』が金馬奨最優秀短編映画賞を獲得。多くの映画祭に招かれ、映画人としての道が開ける。
兵役後に長編を撮り始め、脚本・監督作品『一年の初め(原題:一年之初』、『ヤンヤン(原題:陽陽)』が国内外の映画祭で高い評価を得る。ドラマ『太陽を見つめた日々1,2(原題:他們在畢業的前一天爆炸)』、『野蓮香(原題)』や、有名歌手のMV等も多数監督。映画『太陽の子(原題:太陽的孩子)』ではプロデュースと共同脚本・監督を、先住民テレビ局のTV映画『巴克力藍的夏天(原題)』ではプロデューサーを務める。
さらに俳優としてもTVドラマ『波麗士大人(原題)』、『鏡子森林(原題)』等、多数のドラマや短編映画に出演。
このほか日本映画の原作小説『歩いても 歩いても(原著:是枝裕和)』を中国語に翻訳。本作『親愛なる君へ』は4本目の長編監督作品となる。
FILMOGRAPHY
2020  「親愛なる君へ』(原題:親愛的房客)
2015  「太陽の子(太陽的孩子) 」
    (共同監督・脚本 レカル・スミ)
2011  「10+10之(潜規則) 」 短編
2009  「ヤンヤン(陽陽) 」
2006  「一年の初め(一年之初) 」
2001  「シーディンの夏(石碇的夏天) 」
2000  「私顏」


最初は、ある男性が、亡くなった同性パートナーの代わりに、その家族の世話をするという物語を描こうと思いました。
パートナーが暮らした中で生き、彼が愛した人を愛することが、男性にとって彼を想い続ける方法だったのです。
しかし物語が進むにつれて、登場人物の間にさまざまな感情が交差していきます。
この感情は相手の心に響き、自分のところにも帰ってくるのです。
言葉には表せないけれど、それは確かに存在するものです。
いかなる民族や性的指向にかかわらず、この種の感情が血縁のない人々を家族にするのだと、私は心から信じています。

モー・ズーイー(莫子儀)
モー・ズーイー(莫子儀)
役名:リン・ジエンイー (林健一)
今は亡き同性パートナーの母と子と同居する青年
台湾の実力派俳優。舞台、映画、ドラマと幅広く活躍。高校時代から舞台や映像作品に出演、現在に至る。金鐘奨の演技部門に5回ノミネート。2018年『台北歌手(原題)』では主演賞ノミネートの他、ロー・イーアン(楼一安)監督と共に金鐘奨ドラマ脚本賞を受賞。
チェン・シューファン(陳淑芳)
チェン・シューファン(陳淑芳)
役名:チョウ・シウユー(周秀玉)
今は亡き同性パートナーの母
“国民のおばあちゃん”の別名を持つ台湾の国宝級俳優。数多くのテレビドラマ、映画、MVに出演し、素晴らしい演技を見せ、俳優の仕事を自分の一生の使命としている。金馬奨や金鐘奨など、多数の受賞歴がある。
バイ・ルンイン(白潤音)
バイ・ルンイン(白潤音)
役名:ワン・ヨウユー(王悠宇)
今は亡き同性パートナーの子
日台ハーフの子役。幼い頃から武術を愛し、テコンドーと中国武術を学ぶ。ドラマ、短編映画、CM等に多数出演。映画初出演で主役を演じた『上岸的魚(原題)』は2017年トロント国際映画祭でプレミア上映され、ハンブルクやサンディエゴの映画祭等にも出品。
その自然な演技が国際メディアで「ポテンシャルが高い」と評価される、台湾映画界の期待の新星である。
ヤオ・チュエンヤオ(姚淳耀)
ヤオ・チュエンヤオ(姚淳耀)
役名:ワン・リーウェイ(王立維)
今は亡き同性パートナー
台湾の俳優・司会者。国立台北芸術大学演劇科卒業。映画、ドラマ、舞台、CMと幅広く活躍。最近は多くの作品で変化に富んだ幅広い演技力を発揮し、特にドラマ『鏡子森林(原題)』で主役を演じ高く評価された。今まさに台湾で注目されている俳優である。
ジェイ・シー(是元介)
ジェイ・シー(是元介)
役名:ワン・リーガン(王立綱)
今は亡き同性パートナーの弟。ワン・ヨウユーの叔父
シエ・チョンシュアン(謝瓊煖)
シエ・チョンシュアン(謝瓊煖)
検察官(張麗萍検察官)
ウー・ポンフォン(吳朋奉)
ウー・ポンフォン(吳朋奉)
警察官(郭小隊長)
シェン・ウェイニエン(沈威年)
シェン・ウェイニエン(沈威年)
警察官(小蔡)
ワン・カーユエン (王可元)
ワン・カーユエン (王可元)
ネット市民(尤士軒)